日本巫女史/第一篇/第三章

提供: Docs
移動: 案内検索

日本巫女史

第一篇 固有呪法時代

第三章、巫女の用いし呪文と呪言[編集]

古代の巫女が、呪術を行うに際して用いたるものに、呪言と呪文との区別のあったことは、極めて朧げながらも、看取することが出来るようである。私は此の標準を、呪文は巫女が神に対して用いしもの、呪言は人に対したものとして区別したいと思う。勿論、此の区別は、国語を有していても、国字を有していなかった古代の分類法としては、全く無意味であって、呪文と云い、呪言と云うも、共に言語を以て現わされているのであるから、広義に見れば、二つの間に区別を立てることは困難なのである。併しながら、巫女の有していた言語感情──独り巫女ばかりでなく、当時の社会が一般に有していた言語感情から云うと、一種の歌謡体をかりて、三四句又は五六句の辞を続け連ねて言うものは呪文であって、後世の祝詞はこれより生れたと考えたい。これに反して、一語か二語で独立しているものは呪言であって、後世の「のろひ」又は「とごひ」など云ふものは、是れに属するものと考えられぬでもない。

以上は、呪文と呪言とを形式上から見た分類であるが、更に内容上から分類すると、概して呪文は善悪の両方に用いらるるも、呪言は悪い方に多く用いらるる傾きを有している。私は、不充分ながらも、斯うした態度で、巫女の用いた呪文と呪言との考覈を進めたいと思うている。ただ実際問題として、困惑を感ずることは、私の寡聞から、古代の徴証が男覡に多くして、巫女に尠いと云う点である。が、これは我国の文献なるものが、母権時代を迥かに過ぎた父権時代に製作されたために、巫女に薄くして覡男に厚いのは、何とも致し方の無いことと考えるのである。

  • 第一節 古代人の言霊信仰と其過程
    呪言と呪文との区別—言語の有した威力—言語のタブーと忌詞—善言と悪言—寿辞と凶辞—言霊の幸う国—言霊学の正体
  • 第二節 祝詞の呪術的分子と呪言の種類
    祝詞の本質は呪文—祝言から祝詞へ—呪言より呪文へ—トゴヒ—ノロヒ—カジリ—ウケヒ—オヨヅレゴト
  • 第三節 言霊の神格化と巫女の位置
    我国最古の呪術は太占—太占と巫女—太詔戸命は言霊の神格化—天津祝詞の太詔詞とは何か—これに関する先覚の研究—類聚神祇本源に載せた太詔詞の解釈—太詔詞は呪文に外ならぬ—太詔戸命と亀津比女命との関係—亀津比女は即ち巫女である
  • 第四節 宣託と祝詞と巫女の関係
    祝詞の発生は神から人への宣命—それが今では反対に人から神への願文—祝詞は即ち詔命—祝詞と託宣との関係—神語は託宣—後世まで残った返し祝詞の意義