日本巫女史/第一篇/第六章/第一節

提供: Docs
移動: 案内検索

日本巫女史

第一篇 固有呪法時代

第六章 巫女の性格変換と其生活

第一節 神人生活と性格の変換[編集]

原始時代の巫女は、神その者であった。従って俗人の如く結婚することは、神性を汚すものとして、自ら戒めていた。卑弥呼が年長ずるも夫婿の無かった理由である。次に巫女が神の憑り代として、神の代理者となるようになっても、同じく神性の尊厳を保つ必要から、神と結婚する以外に、普通の男子を良人とすることは、許されなかった。斯うした習礼は、伝統的に、巫女は独身たるべきもの、神以外には通婚せぬものと約束づけられるようになり、これに加うるに、永い年月間の独身生活は、巫女の性格を男子に近づける変換が行われるようになったのである。

伊勢の皇太神宮に奉仕した御子良オコラ、及び母等モラの神人生活に就いて、明治の終り頃に神宮司庁で記録に留めて置きたいと企て、是等の生活を送った生き残りの人々に対して、その状態を調べようとしたが『神宮内のことは申上げられぬ』とのことで、遂にその計画は目的を達することが出来なかったと伝聞している。これほど厳秘されている神人の生活、その詳細を知ることは、思いも寄らぬことであるが、鎌倉期に書かれた「坂上仏大神宮参詣記」によると、

当宮には巫女なし(中山曰。斎宮を御杖代とした為めである)。子良とて幼稚のをとめのいまだ夫婦のわざもしらぬが、御膳をそなふる器用にて召仕はるるばかり也。神慮にかなひぬれば二三十(歳)までも月事なし、冥鑑にそむきぬれば十一二よりさはる、さはれば則ち職を辞す。

とある。此の二三十歳に及ぶも通経が無いということは、即ち巫女の性格の変換を指しているのである。而して斯かる類例は、他の神社に仕えた巫女の上にも、発見することの出来る事態なのである。「延喜式」臨時祭の条に『凡座摩巫取都下国造氏童女七歳已上者充之、若及嫁時、申弁官充替』とあるのも、此の一例である。更に「観恵交話」巻上に、

常陸鹿嶋の社人従五位上東長門守胤長物語に、当社には長門守の家より代々斎宮の如く女を神に仕へしむ、これを御物忌と謂ふ。三百石を領す。一家中より二人を選び、百日の神事にて社家ども残らず着座して、神前にて亀二つを灼く。生亀の甲に二人の女の名を書附け、火を活々と起して灼くに、其任に備るはべき女の名は少しも灼けず。それを証拠にして備ふる也。備はりて後は長門守より外の人には一生逢はず。其者の使ふ女も皆少女老女の経水無き者なり。一年三百六十日の内神事にて、平日は神殿の中に居り、社へ行くに我斎屋より輿にて祝詞の屋まで行き、社内の事社人のせぬ事をも勤む。皆長寿にして百歳より百二三十歳に至る(摘要)。

と記し、更に「鹿島志」巻下には、物忌なる者は、其職に在るうちは、幾歳になるも通経せぬと記したのは、性格の変換することを証示している〔一〕。筑前国の宗像神社にても、祭神三柱の中、湍津姫神に仕える巫女は、その職を務むる間は月水なく、今にそうであると伝えている〔二〕。

而して、斯かる記事が、如何なる点まで信じられるものであるかは別問題として、兎に角に古代においては、巫女に通経なしと考えられていた事だけは確かである。丹後国竹野郡竹野村大字竹野の竹野神社は旧社であるが、これに奉仕する祠官は隣接せる同国熊野郡市場村に住んでいる。昔は祠官の家に女子が生れると、飛箭来り屋上に立つ。そうすると、其子四五歳の頃から竹野社に奉り、これを斎女と云う。同社は高山深谷の中に在って、斎女は独り禽獣と交り居るも、決して危害を加えられることがない。かくて天癸を見る頃になると、何処からともなく大蛇が出て来て、眼を瞋らして、斎女を見る。これを機会に宮を致して生家に帰ることとなっていた〔三〕。こうした類例も詮索したらまだ沢山あることと思うが省略する。

さて、是等の記事は、性格変換といっても、月水の未通だけで、事々しく取り立てて言うほどのものではないが、ただ此の裏面に潜む事象を考えるとき、更に後世の巫女のことを思うとき、それは記録にこそ残っていぬが、殆んど男性化した巫女の多かった事が偲ばれるのである。天鈿女命の勇気に就いて「古事記」に『汝は手弱女人なれども、射向ふ神と面勝つ神なり』とあるのは、此の女神の男性化を示唆しているものと信じたい。

〔註一〕
「塩尻」巻四五に、「伊勢の子良、鹿島の斎は月のさはり知らぬ少女なり、厳島の内侍は年老迄も仕え侍るにや」と、同じく巫女は通経なきを原則とする記事を載せている。
〔註二〕
貝原益軒著の「筑前続風土記」巻一六。
〔註三〕
「丹後国竹野郡誌」に「神社啓蒙」を引用して記してある。