日本巫女史/第三篇/第三章

提供: Docs
移動: 案内検索

日本巫女史

第三篇 退化呪法時代

第三章 巫女の社会的地位と其の生活[編集]

  • 第一節 歌謡の伝統者としての巫女
    本地物は概して巫女の謡い物—壱岐の巫女と百合若説教—曾我物語も箱根の巫女の謡い物か—盲僧の地神経を読むのも此の影響か—琵琶の発達と盲僧—瞽女の前身は巫女
  • 第二節 日陰者としての巫女の生活
    男神主の配下となった神子—その存在は有るか無きかの情態—名神大社の神楽巫と配当の訴訟—他の者の収入は推して知るべきのみ—町村土着の市子は全く賤民と化す—修験の妻は概して市子—夫婦共かせぎの有様—教育不弁説に載せた竃払と市子の素行—生きんが為めの身過ぎ世渡り
  • 第三節 性的職業婦と化した巫女の末路
    巫女の売笑は新しい問題ではないが—これは又思い切った堕落振り—神和系の神子も口寄系の市子も—情海を泳ぎ廻った途は一つ—熊野比丘尼と伊勢比丘尼—好色本や読み本の材料となった巫女の售春問題—川柳点に現われた彼等の行動
  • 第四節 明治の巫女禁断と爾後の消息
    明治維新と復古神道—鈴振神道は第一に槍玉にあがる—神仏分離から廃仏毀釈へ—常軌を逸した運動も時勢のみ—明治六年の梓巫市子の禁止—翌七年にも又もや禁令—併しながら水に浮草の根は絶えず—今に散在する巫女の潜勢力