日本巫女史/第二篇/第一章

提供: Docs
移動: 案内検索

日本巫女史

第二篇 習合呪法時代

第一章 神道に習合せる道仏二教[編集]

  • 第一節 巫女の呪術に現われたる道教の影響
    日韓は同祖であり同域である—日支の交通も太古から—姓氏録に載せた夥しき蕃別—古神道に織り込まれた支那上代の信仰—道教思想に養われた呪術—仁徳紀に見えた招魂の記事—巫蠱の輸入と呪術の深刻化—巫女の呪具と道教の影響—巫女の梓弓は外来の呪法—人骨を用いるは巫蠱の思想—複雑せる識神の正体—巫女の間に行われた湯立
  • 第二節 巫道に影響した仏法の教相と事相
    奈良朝の本地垂跡説—平安朝の神仏一如の信仰—法師巫という巫仏一体の者現わる—巫道に交渉深い台宗と密宗—仏教の促成せる巫女の二潮流—霊魂観の進歩と口寄せ呪術の発達—養老令に見えた僧尼の禁巫—巫女の守護神から帰依仏への過程—後ろ仏とは何か—我国における十三仏の考覈—巫女の縛と不動のから縛—シャーマンの呪法に似通う—仏の供養を巫女が営む—奥州の三崎はなしの民俗—巫女の呪具に現れたる仏教的要素—イラタカの珠数と珠数占—ミコ鳥と時鳥の習合—地蔵経は我国の偽作