日本巫女史/総論/第一章

提供: Docs
移動: 案内検索

日本巫女史

総論

第一章 巫女史の本質と学問上の位置[編集]

  • 第一節 巫女の種類と其名称
    巫女の二大分類—第一は神和系に属する神子の名称—古今に渉り約二十六—第二は口寄系に属する市子の俚称—各地に亘り約四十三—まだ此の外にも十数種ある
  • 第二節 巫女史の意義と他の学問との関係
    巫女史の研究は他の多くの学問に交渉を有つ—巫女史という名称に就いて—巫女史の内容と其の範囲—巫女史と政治史との関係—巫女史と祭祀史との関係—巫女史と呪術史との関係—巫女史と文学史との関係—巫女史と経済史との関係—巫女史と売笑史との関係—巫女史と法制史との関係—巫女史と原始神道史との関係その他
  • 第三節 巫女史の学問上に於ける位置
    文化史に於ける巫女史の地位—原始神道に於ける巫女史の地位—民俗学に於ける巫女史の地位