トーク:日本巫女史/第一篇/第八章/第一節

提供: Docs
移動: 案内検索

修正箇所[編集]

  • 底本 p.310
    • 「天に向て誦呪の体なり〔〕云々」、底本では〔〕とするが、意に拠って改む。
      • 註三は p.314 にあります。ここでの註は p.310 の 6 行目を指すと考えられますので、原本の表記に戻しました。--たちゃな 2008年9月4日 (木) 12:00 (JST)
  • 底本 p.311
    • 「おもろさうし選釈」引用部分の末尾二行は「女官御双紙」の孫引きではなく、伊波普猷氏の記述と考えられるので、原文よりも一つインデントを上げ体裁を整えた。--たちゃな 2008年9月4日 (木) 12:00 (JST)
    • 「魔術」に「マヂック」の振り仮名がなされているが、現在一般的と考えられる「マジック」に改めた。--たちゃな 2008年9月4日 (木) 12:00 (JST)
    • 「中山曰巫覡の意」を「中山曰。巫覡の意」に改めた。--たちゃな 2008年9月4日 (木) 12:00 (JST)
    • 「我国の南北端の民族」、底本ではとするが、意に拠って改む。--浦木裕 2008年9月3日 (水) 22:02 (JST)
  • 底本 p.312
    • 「物部氏が斯く武士を統した」、底本ではとするが、意に拠って改む。
  • 底本 p.318
    • 「呪術に用いて以て皇を調伏せん」、底本ではとするが、意に拠って改む。--浦木裕 2008年9月4日 (木) 01:29 (JST)
  • 底本 p.323
    • 「桂女は巫女と同じく女系相を原則とし」、底本ではとするが、意に拠って改む。--浦木裕 2008年9月4日 (木) 13:08 (JST)

未修正箇所[編集]

  • 底本 p.312
    • 行を跨いでいるため、「物部とは抑抑」は「物部とは抑々」とされていない。--たちゃな 2008年9月18日 (木) 15:33 (JST)
  • 底本 p.316
    • 「於是皇后勾針、取飯為餌」、引用元の国史大系本とは若干違うところがあるので要注意。
      • 引用元の日本書紀では「於是、皇后勾針為鉤、取粒為餌、抽取裳縷為緡、登河中石上。」となります。--浦木裕 2008年9月4日 (木) 13:10 (JST)
  • 底本 p.317
    • 太平記引用中「渉蘩を勤て」の一文字目が、原文では{草冠渉}となっている。--たちゃな 2008年9月4日 (木) 12:00 (JST)
  • 底本 p.323

メモ[編集]

  • 底本 p.318
    • 「物部<乃> 八<十> 嬬等之  乱 寺井之於乃 堅香子之花」(万葉集 19-4143