トーク:日本巫女史/第三篇/第二章/第三節

提供: Docs
移動: 案内検索

修正箇所[編集]

  • 底本 p.712
    • 「一升まであった〔四〕。」→「一升まであった〔四〕。」

未修正箇所[編集]

メモ[編集]

  • 底本 p.714
    • 『島崎藤村の「破戒」は、禰津村に起った事件を描いたもの』: 「海上の道」によると、藤村の有名な「流れよる椰子の実一つ」の詞は、元々柳田国男が彼に語ったところから着想したものであったという。単なる憶測でしかないが、禰津村を藤村に語ったのもまた柳田であったかも知れない。--たちゃな 2008年11月4日 (火) 09:02 (JST)