トーク:日本巫女史/第二篇/第二章/第一節

提供: Docs
ナビゲーションに移動 検索に移動

修正箇所[編集]

  • 底本 p.426
    • 「伝へられてゐ〔一〕」は正しくは「伝へられてゐる〔一〕」であると考えられるので、適宜修正。--たちゃな 2008年9月8日 (月) 21:22 (JST)
  • 底本 p.427
    • 「校正作陽誌」引用中「此人忽?狂躍」の四文字目が不鮮明。不に見えるが、とりあえず「此人忽狂躍」と改めた。--たちゃな 2008年9月8日 (月) 21:22 (JST)
  • 底本 p.431
    • 「神事多も數に存してゐるが」は正しくは「神事も多數に存してゐるが」であると考えられるので、適宜修正。--たちゃな 2008年9月8日 (月) 21:22 (JST)
  • 底本 p.433
    • 「寄生虫と云われのも」を「寄生虫と云われるのも」に改めた。--たちゃな 2008年9月8日 (月) 21:22 (JST)
    • 「忍ぶばかりが」を「忍ぶばかりか」に改めた。--たちゃな 2008年9月8日 (月) 21:22 (JST)
    • 註二「修験道に関す書籍」を「修験道に関する書籍」に改めた。--たちゃな 2008年9月8日 (月) 21:22 (JST)

未修正箇所[編集]

  • 底本 p.431
    • 底本では「日吉記」の「記」が{言偏巳}となっている。--たちゃな 2008年9月8日 (月) 21:22 (JST)
  • 底本 p.432
    • 「巫女自身に憑らせべき神を」を「巫女自身に憑らせべき神を」に改めるべきか否か。--たちゃな 2008年9月8日 (月) 21:22 (JST)
  • 「飯綱信仰」: 別の箇所では「飯縄」の表記がある。

メモ[編集]