「トーク:日本巫女史/第二篇/第五章/第三節」の版間の差分

提供: Docs
移動: 案内検索
(七月十七日→十月十九日)
(修正箇所)
 
行4: 行4:
 
* 底本 p.569
 
* 底本 p.569
 
** 「甚た寄なり」→「甚だ寄なり」
 
** 「甚た寄なり」→「甚だ寄なり」
*「扶桑略記」巻二十八が初見のようである。即ち治安三年<b>七月十七日</b>
+
*「扶桑略記」巻二十八が初見のようである。即ち治安三年<b>七月十七日</b>(<b>此月</b>十三日に万寿と改元)
 
** [[:ファイル:扶桑略記 第二十八 後一条天皇 治安.jpg|本当]]は十月十九日。--浦木裕 2010年12月16日 (木) 20:49 (JST)
 
** [[:ファイル:扶桑略記 第二十八 後一条天皇 治安.jpg|本当]]は十月十九日。--浦木裕 2010年12月16日 (木) 20:49 (JST)
  

2010年12月16日 (木) 20:53時点における最新版

修正箇所[編集]

  • 底本 p.562
    • 「生命の指標」に「ライフインデッキス」と振り仮名されているのを「ライフ・インデックス」に改めた。
  • 底本 p.569
    • 「甚た寄なり」→「甚だ寄なり」
  • 「扶桑略記」巻二十八が初見のようである。即ち治安三年七月十七日此月十三日に万寿と改元)
    • 本当は十月十九日。--浦木裕 2010年12月16日 (木) 20:49 (JST)

未修正箇所[編集]

  • 底本 p.567
    • 「讃岐国大川郡誉水村の水主神社」は、「讃岐国大郡誉水村の水主神社」ではないか。

メモ[編集]

むじゅう‐どうぎょう【無住道暁】ムヂユウダウゲウ 
[1226〜1312]鎌倉後期の臨済宗の僧。鎌倉の人。号、一円。天台•真言を学び、円爾(えんに)に師事して臨済禅を修め、のち、尾張に長母寺を開山した。諡号は大円国師。著「沙石集」「雑談(ぞうだん)集」など。(大辞泉)