「トーク:日本巫女史/第二篇/第六章/第三節」の版間の差分

提供: Docs
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
4行目: 4行目:
* 底本 p.599
* 底本 p.599
** 「続日本紀」引用中、多麻呂の流刑先として「多{衣偏{坴攵}}島」とあるのを「多褹島」に改めた。
** 「続日本紀」引用中、多麻呂の流刑先として「多{衣偏{坴攵}}島」とあるのを「多褹島」に改めた。
** 「続日本紀」引用中、「就薬師寺'''宜'''詔」は「就薬師寺'''宣'''詔」の誤植と思われる為に改めた。
** 「続日本紀」引用中、「就薬師寺'''宜'''詔」は「就薬師寺'''宣'''詔」の誤植と思われる為に改めた。--[[利用者:浦木裕|浦木裕]] 2010年3月21日 (日) 14:06 (JST)
* 底本 p.601
* 底本 p.601
** 「類聚三代格」引用中「宜於京外祓除」直後の読点を省いた。
** 「類聚三代格」引用中「宜於京外祓除」直後の読点を省いた。
** 「出来なかつも見え」→「出来なかったと見え」
** 「出来なかつも見え」→「出来なかったと見え」
** 「巫覡の出歿」→「巫覡の出沒」--[[利用者:浦木裕|浦木裕]] 2010年3月21日 (日) 14:06 (JST)
==未修正箇所==
==未修正箇所==
* 底本 p.599
* 底本 p.599
** 「続日本紀」の引用に「与八幡神宮主神多麻呂」とあるが、原文では「與八幡神宮主'''神司大'''神'''朝臣'''多麻呂」のようだ。
** 「続日本紀」の引用に「与八幡神宮主神多麻呂」とあるが、原文では「與八幡神宮主'''神司大'''神'''朝臣'''多麻呂」のようだ。--[[利用者:浦木裕|浦木裕]] 2010年3月21日 (日) 14:06 (JST)
==メモ==
==メモ==

2010年3月21日 (日) 05:06時点における最新版

修正箇所[編集]

  • 底本 p.598
    • 目次に従い「巫女の流せる弊害との禁断」を「巫女の流せる弊害との禁断」に改めた。
  • 底本 p.599
    • 「続日本紀」引用中、多麻呂の流刑先として「多{衣偏{坴攵}}島」とあるのを「多褹島」に改めた。
    • 「続日本紀」引用中、「就薬師寺詔」は「就薬師寺詔」の誤植と思われる為に改めた。--浦木裕 2010年3月21日 (日) 14:06 (JST)
  • 底本 p.601
    • 「類聚三代格」引用中「宜於京外祓除」直後の読点を省いた。
    • 「出来なかつも見え」→「出来なかったと見え」
    • 「巫覡の出歿」→「巫覡の出沒」--浦木裕 2010年3月21日 (日) 14:06 (JST)

未修正箇所[編集]

  • 底本 p.599
    • 「続日本紀」の引用に「与八幡神宮主神多麻呂」とあるが、原文では「與八幡神宮主神司大朝臣多麻呂」のようだ。--浦木裕 2010年3月21日 (日) 14:06 (JST)

メモ[編集]