「日本巫女史/第一篇/第四章/第四節」を編集中

ナビゲーションに移動 検索に移動

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を公開して取り消しを完了してください。

最新版 編集中の文章
79行目: 79行目:
宍串の民俗学的例証は、私の集めただけでも相当に存しているが、その代表的の物は「出雲風土記」意宇郡安来郷に載せた語臣猪麻呂の記事である。天武朝に猪麻呂が娘を鰐のために喰い殺されたのを怒り〔三一〕、天神地祇に祈ったところ、百余の鰐が一頭の鰐を囲み率いて来たので娘の仇を復したが、その時に猪麻呂は『<ruby><rb>和爾</rb><rp>(</rp><rt>ワニ</rt><rp>)</rp></ruby>者殺割而<ruby><rb>挂</rb><rp>(</rp><rt>カケ</rt><rp>)</rp></ruby>串立路之垂也』とあるのがそれであって、現代にその面影を残しているものは、大隅国姶良郡東襲山村大字重久の<ruby><rb>止上</rb><rp>(</rp><rt>トカミ</rt><rp>)</rp></ruby>神社の贄祭である。社伝に、此の祭は、景行帝が熊襲を退治せられたところ、その梟師の悪霊が祟りをなし人民を苦しめるので、毎年旧正月十四日に、氏子が初猟をなし、獲物の肉を三十三本の串に貫き、地に挿し立てて牲となし、熊襲の霊を祀るに始まると言い、今にその祭礼の次第が存している〔三二〕。
宍串の民俗学的例証は、私の集めただけでも相当に存しているが、その代表的の物は「出雲風土記」意宇郡安来郷に載せた語臣猪麻呂の記事である。天武朝に猪麻呂が娘を鰐のために喰い殺されたのを怒り〔三一〕、天神地祇に祈ったところ、百余の鰐が一頭の鰐を囲み率いて来たので娘の仇を復したが、その時に猪麻呂は『<ruby><rb>和爾</rb><rp>(</rp><rt>ワニ</rt><rp>)</rp></ruby>者殺割而<ruby><rb>挂</rb><rp>(</rp><rt>カケ</rt><rp>)</rp></ruby>串立路之垂也』とあるのがそれであって、現代にその面影を残しているものは、大隅国姶良郡東襲山村大字重久の<ruby><rb>止上</rb><rp>(</rp><rt>トカミ</rt><rp>)</rp></ruby>神社の贄祭である。社伝に、此の祭は、景行帝が熊襲を退治せられたところ、その梟師の悪霊が祟りをなし人民を苦しめるので、毎年旧正月十四日に、氏子が初猟をなし、獲物の肉を三十三本の串に貫き、地に挿し立てて牲となし、熊襲の霊を祀るに始まると言い、今にその祭礼の次第が存している〔三二〕。


併し乍ら、此の肉串も原始期に溯ると、独り鹿や猪の肉ばかりでなく、人肉を用いたことも在りはせぬかと思われる点である。即ち前に挙げた枕詞の本歌は「万葉集」巻九菟原処女の墓を見て詠める長歌の一節で、即ち『<ruby><rb>宍串呂</rb><rp>(</rp><rt>シジクシロ</rt><rp>)</rp></ruby><ruby><rb>黃泉</rb><rp>(</rp><rt>ヨミ</rt><rp>)</rp></ruby>に待たむと<ruby><rb>隠沼</rb><rp>(</rp><rt>コモリヌ</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>下懸想</rb><rp>(</rp><rt>シタハ</rt><rp>)</rp></ruby>へ置きて、打嘆き妹が<ruby><rb>去</rb><rp>(</rp><rt>ユ</rt><rp>)</rp></ruby>ければ』云々とあるように、死の国である黄泉にかけた冠辞なのである。巫女が屍体を支解する職程を有していたために<ruby><rb>祝</rb><rp>(</rp><rt>ハフリ</rt><rp>)</rp></ruby>と称したことの詳細は[[日本巫女史/第一篇/第七章/第二節|後章]]に説くが、宍串が人肉であったことも、此の結論から、当然考えられることである。而して是等の宍串を作る役目は、言うまでもなく巫女であったに相違ないのである。
併し乍ら、此の肉串も原始期に溯ると、独り鹿や猪の肉ばかりでなく、人肉を用いたことも在りはせぬかと思われる点である。即ち前に挙げた枕詞の本歌は「万葉集」巻九菟原処女の墓を見て詠める長歌の一節で、即ち『<ruby><rb>宍串呂</rb><rp>(</rp><rt>シジクシロ</rt><rp>)</rp></ruby><ruby><rb>黃泉</rb><rp>(</rp><rt>ヨミ</rt><rp>)</rp></ruby>に待たむと<ruby><rb>隠沼</rb><rp>(</rp><rt>コモリヌ</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>下懸想</rb><rp>(</rp><rt>シタハ</rt><rp>)</rp></ruby>へ置きて、打嘆き妹が<ruby><rb>去</rb><rp>(</rp><rt>ユ</rt><rp>)</rp></ruby>ければ』云々とあるように、死の国である黄泉にかけた冠辞なのである。巫女が屍体を支解する職程を有していたために<ruby><rb>祝</rb><rp>(</rp><rt>ハフリ</rt><rp>)</rp></ruby>と称したことの詳細は後章に説くが、宍串が人肉であったことも、此の結論から、当然考えられることである。而して是等の宍串を作る役目は、言うまでもなく巫女であったに相違ないのである。


'''二 鵐'''
'''二 鵐'''
184行目: 184行目:
とあって、これは海底の土が択まれているのである。且つここに述べた八玉神の<ruby><rb>祝言</rb><rp>(</rp><rt>ホギゴト</rt><rp>)</rp></ruby>は、又一種の呪文とも見られるのである。更にこれとは趣きを異にし、赤土に限って用いた例もある。「崇神記」に活玉依媛の許に夜々通い来る壮夫を知るために『赤土を床前に散らし』て、その壮夫の美和大神であったことが判然した故事があり、猶お「播磨風土記」逸文に、
とあって、これは海底の土が択まれているのである。且つここに述べた八玉神の<ruby><rb>祝言</rb><rp>(</rp><rt>ホギゴト</rt><rp>)</rp></ruby>は、又一種の呪文とも見られるのである。更にこれとは趣きを異にし、赤土に限って用いた例もある。「崇神記」に活玉依媛の許に夜々通い来る壮夫を知るために『赤土を床前に散らし』て、その壮夫の美和大神であったことが判然した故事があり、猶お「播磨風土記」逸文に、


: 息長帯日女命{○神功/皇后}欲平新羅国下坐時、祷於衆神(中略)。於此出賜赤土、塗天之逆鉾、建神舟之艫舳、又染御舟裳及御軍之<ruby><rb>著衣</rb><rp>(</rp><rt>ヨロヒ</rt><rp>)</rp></ruby>云々。
: 息長帯日女命{○神功/皇后}欲平新羅国下坐時、禱於衆神(中略)。於此出賜赤土、塗天之逆鉾、建神舟之艫舳、又染御舟裳及御軍之<ruby><rb>著衣</rb><rp>(</rp><rt>ヨロヒ</rt><rp>)</rp></ruby>云々。


とある。是等は共に赤土なる故に一段と呪力の強かったことを示しているのである。
とある。是等は共に赤土なる故に一段と呪力の強かったことを示しているのである。
222行目: 222行目:
; 〔註三一〕 : 我国の近海に鰐は居ぬ。従って古典に現われた鰐は鮫であると言われている。白鳥庫吉氏は此の説を称えるお方であって、私もそれに賛成する者である。
; 〔註三一〕 : 我国の近海に鰐は居ぬ。従って古典に現われた鰐は鮫であると言われている。白鳥庫吉氏は此の説を称えるお方であって、私もそれに賛成する者である。
; 〔註三二〕 : 明治二十九年に島津家で発行した「地理纂考」に拠った。
; 〔註三二〕 : 明治二十九年に島津家で発行した「地理纂考」に拠った。
; 〔註三三〕 : 片巫肱巫に就いては、片を県のカタと連想して、田を祈祷する巫女、肱巫はこれに対して畑の巫女などと云う珍説さえある。
; 〔註三三〕 : 片巫肱巫に就いては、片を県のカタと連想して、田を祈禱する巫女、肱巫はこれに対して畑の巫女などと云う珍説さえある。
; 〔註三四〕 : 同地出身の学友小山勝清氏の談。
; 〔註三四〕 : 同地出身の学友小山勝清氏の談。
; 〔註三五〕 : 同地出身の友人橋本実朗氏の談。
; 〔註三五〕 : 同地出身の友人橋本実朗氏の談。
231行目: 231行目:
; 〔註四〇〕 : 「一ツ物」に就いては「考古学雑誌」第十巻第一号に拙稿を載せたことがある。そのうちで、鵜の羽を産屋に挿したことに関しても述べて置いた。今その雑誌が手許に無いので、記憶のままで記した。参照をねがえると仕合せである。
; 〔註四〇〕 : 「一ツ物」に就いては「考古学雑誌」第十巻第一号に拙稿を載せたことがある。そのうちで、鵜の羽を産屋に挿したことに関しても述べて置いた。今その雑誌が手許に無いので、記憶のままで記した。参照をねがえると仕合せである。
; 〔註四一〕 : 京都で発行した「郷土趣味」第二〇号に拙稿「蟹守土俗考」が載せてある。発行部数が少いので一寸手に入れにくい雑誌ではあるが、これに詳しく私見のあるところを述べて置いた。
; 〔註四一〕 : 京都で発行した「郷土趣味」第二〇号に拙稿「蟹守土俗考」が載せてある。発行部数が少いので一寸手に入れにくい雑誌ではあるが、これに詳しく私見のあるところを述べて置いた。
; 〔註四二〕 : 民族(第三巻)に連載したニコライ・ネフスキー氏の「[[月と不死]]」の論文は、この伝説の研究である。
; 〔註四二〕 : 民族(第三巻)に連載したニコライ・ネフスキー氏の「月と不死」の論文は、この伝説の研究である。
; 〔註四三〕 : 「淡海温故録」巻一。
; 〔註四三〕 : 「淡海温故録」巻一。
; 〔註四四〕 : 「西蠣波郡紀要」。
; 〔註四四〕 : 「西蠣波郡紀要」。

Docsへの投稿はすべて、他の投稿者によって編集、変更、除去される場合があります。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください(詳細はDocs:著作権を参照)。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

このページを編集するには、下記の数式を計算してその答えを欄に入力してください (ヘルプ):

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)