「日本巫女史/第三篇/第一章」を編集中

移動: 案内検索

警告: ログインしていません。

編集すると、IPアドレスがこのページの編集履歴に記録されます。
この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
行5: 行5:
 
==第一章 巫道を退化させた当代の世相==
 
==第一章 巫道を退化させた当代の世相==
  
* [[日本巫女史/第三篇/第一章/第一節|第一節 巫女の流派と是れに対する官憲の態度]]<br /><small>我国の迷信は室町期に集成さる—日本迷信史における黄金時代—江戸期と重刑主義—巫女の流派も混糅されて判然せぬ—紀州熊野系と加賀白山系—丹後に残る梓巫女開祖の伝説—僧寛印のローマンス—武田信玄と甲信二国の神子頭千代女房—戦国の武将は迷信が強い—吉田家支配の神子の特権—山内一豊と神子の取締</small>
+
* [[日本巫女史/第三篇/第一章/第一節|第一節 巫女の流派と是れに対する官憲の態度]]
* [[日本巫女史/第三篇/第一章/第二節|第二節 関東の市子頭田村家の消長]]<br /><small>田村八太夫の出自—信用出来ぬ同家の系図—田村家の由来と神事舞太夫—習合神道と舞太夫の関係—田村家の市子取締とその呪法—市子の修業法と田村家の収入—明治維新と田村家の退転</small>
+
* [[日本巫女史/第三篇/第一章/第二節|第二節 関東の市子頭田村家の消長]]
* [[日本巫女史/第三篇/第一章/第三節|第三節 当山派の修験巫女と吉田家との訴訟]]<br /><small>江戸期における市子の所属—田村八太夫支配の者—当山修験派支配の者—信州禰津村の者—奥州のイタコ系の者—此の外に所属不明の者—所属の相違は利害の相違—意外に複雑している市子の所属—訴訟も収入の関係から—修験派の勝利となる</small>
+
* [[日本巫女史/第三篇/第一章/第三節|第三節 当山派の修験巫女と吉田家との訴訟]]
  
 
[[Category:中山太郎]]
 
[[Category:中山太郎]]

Docsへのすべての投稿は、他の利用者によって編集、変更、除去される場合があります。 あなたの投稿を、他人が遠慮なく編集するのを望まない場合は、ここには投稿しないでください。
また、投稿するのは、あなたが書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください (詳細はDocs:著作権を参照)。 著作権保護されている作品を、許諾なしに投稿してはいけません!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)