「毛髪フェチシズム」を編集中

ナビゲーションに移動 検索に移動

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を公開して取り消しを完了してください。

最新版 編集中の文章
18行目: 18行目:
 毛髪フェチシストの中には随分変な例があって、クラフト・エービングの記載した所によると鬚の生えた女にのみ執着を感じた男がある。彼は男のように髪の生えた女と結婚したが、その女に死に別れてから、長い間同じような女を探し求め、漸くにして一人見つけ出して、始めて落つく事が出来た。
 毛髪フェチシストの中には随分変な例があって、クラフト・エービングの記載した所によると鬚の生えた女にのみ執着を感じた男がある。彼は男のように髪の生えた女と結婚したが、その女に死に別れてから、長い間同じような女を探し求め、漸くにして一人見つけ出して、始めて落つく事が出来た。


 海を渡る時、難船に逢うと、船人が髪を切って龍神に捧げる習慣がある。これは「擁書雑筆」に拠ると、西蕃に真似たものだというのであるが、これによって見ると龍神は、毛髪フェチシストであるかも知れない。讃岐の金毘羅大権現、常陸の安波大杉大明神などには頭髪を断って奉るものがあるという事であるが、何故にこれ等の御神体が毛髪を御好みになるかは元より分からない。
 海を渡る時、難船に逢うと、船人が髪を切って龍神に捧げる習慣がある。これは「擁者雑筆」に拠ると、西蕃に真似たものだというのであるが、これによって見ると龍神は、毛髪フェチシストであるかも知れない。讃岐の金毘羅大権現、常陸の安波大杉大明神などには頭髪を断って奉るものがあるという事であるが、何故にこれ等の御神体が毛髪を御好みになるかは元より分からない。




Docsへの投稿はすべて、他の投稿者によって編集、変更、除去される場合があります。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください(詳細はDocs:著作権を参照)。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

このページを編集するには、下記の数式を計算してその答えを欄に入力してください (ヘルプ):

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)